クレジットカードを使ったキャッシングについて

クレジットカードには便利な機能が多く搭載されていますが、その中でもキャッシングはおすすめであると言えます。キャッシングはコンビニエンスストアなどのATMを利用することによって現金を借りることが出来るクレジットカードの機能です。急に出費をしなければならなくなった時にお金を借りて済ませることが可能になります。
おすすめされることも多い、このキャッシングという機能は多くの人が利用をしています。そしてそれはしっかりと返済しなければならないお金でもあります。当然ではありますがそのお金をもらうことは出来ないので、しっかりと返す義務があります。クレジットカードで買物をした時には翌月の指定された日にお金が引き落とされます。キャッシングもそれに組み込むことも可能ですし、自分でATMを使ってお金を返済していくことも出来ます。おすすめの方法としてはできるだけ早い返済をすることです。返済が遅くなってしまうと金利が発生してしまうことになります。これでは、返済が滞ってしまいます。また、普段はキャッシングを使わないで必要なときだけお金借りるようにすると、クレジットカードの機能としてキャッシングを使いこなすことが容易になります。

カードローンの仮審査とは

カードローンの申込みをした場合は、必ず審査が行われます。
まず仮審査を行い、問題なければ本審査が行われます。
仮審査を通過しても本審査で落ちることもあり融資されません。
仮審査は申込者の年齢、年収、勤務年数等、本人の申告内容をもとにコンピュータによって機械的にチェックします。
そのため、審査時間も短く、webから申込んだ場合は、数分で確認が完了する場合もあります。
本審査では人間によるチェックが行われ、クレジットカードやカードローンの利用履歴等の個人信用情報と呼ばれるものを確認します。
また勤務状況を確認するため、勤務先に連絡し在籍確認することもあります。
カードローンの仮審査でも本審査でも共通することですが、申請内容は正確に記載する必要があります。
些細な間違いでも審査する側からすると信用できないと判断してしまいます。また、同時に複数の申込みを行うと審査に落ちる場合があります。
なお、審査に落ちるとその情報は信用情報に記録されるため、同じ保証会社で再度申込みをしても一定時間経過(半年~1年)するまでは通過することはありません。
この状況で申込みを繰り返しても落ち続け、さらにマイナス評価になってしまうため、審査に落ちた時には注意しましょう。

参考:おまとめローン審査の達人|ココで借り換えれば楽になる!

おまとめローンに申し込む前に

複数あるキャッシングを一本化してすっきりさせる為に、おまとめローンを利用しようと考えている方も多いかと思いますが、金利の低さやどのくらいまで借り入れをする事ができるのか、限度額も気になる所ですよね。
しかし、どれほど綿密な計画を立てたとしても、そもそも審査を通過する事ができなければ、おまとめローンを利用する事はできません。
一般的なキャッシングの審査よりもおまとめローンの審査というものはずっと厳しく、規定の年収を超えていない場合には、そもそも申し込みすらさせて貰えない場合もあるそうなんです。
おまとめローンの審査で特に重要視されるのは他社からの借り入れ件数で、現在あるキャッシングが4件以上あるという方の場合には、審査に落とされてしまう可能性が高いそうなんです。
借り入れ件数が多ければ多いほど信用度が低いという考え方になってしまうようなので、借り入れ件数が多いという場合には、まず1件でも件数を減らしてから申し込みをしてみるのが良さそうです。
自分でも判断ができる様な条件で審査に落とされてしまっては時間の無駄になってしまいますし、しっかりと現状を確認した上で、通過できる可能性があるかを見極める事も大切かもしれません。

カードローンが融資に影響する可能性も

身近になったカードローンですが、申し込みも簡単なので一枚ぐらい財布の中に入っているという人もいることでしょう。普段の生活では何気なく小額を借りてすぐ返しているから何も問題はないと思うのは当然です。けれども今後、大きな金額でカーローンを組んだり住宅ローンを組む可能性がある場合には注意しなくてはいけません。
カードローンを利用することで信用情報に記載が行われますが、融資を受ける時には情報のチェックが行われて審査に影響する可能性があるのです。住宅ローンはそもそも融資する金額がかなり大きいですし、カードローン自体も金利がかなり高いですから、両方を一度に使うとなると返済に影響がでるのではないかと考えられてしまうのです。
返済が滞りなく行われてきたのであればいいのですが、延滞や債務整理、強制解約などの履歴がある場合には融資に影響があると思っていいでしょう。お金がきちんと返せていないという履歴ですから、他の融資に関しても同じようなことを起こしてしまうのではないかと判断されてしまうのです。不要なカードローンは解約をし、返済もきちんとした上で融資を検討するようにしないと、利用したい時に審査が通らない可能性がありますので気をつけましょう。カードローンを賢く使う方法などを指南しているサイト(カードローン道を極めよ!即日融資でいますぐお金を借りる術)などもあるので一度チェックしてみるといいでしょう。

おまとめローンに頼りすぎるのはダメ

借金をしている人の中には、借金をすることへの拒絶感が著しく落ちてしまい、借金に抵抗を感じなくなっているようになっている人もいます。
こうした人にとっては、お金を借りるということはすでに病気ともいえるかもしれません。
いわば、借金という病気にかかっているということです。

このような状態になってしまっていると、借金を返済するために、さらに借金をしてしまうという負のスパイラルに落ちていってしまうことがあります。
そのような状態の人が、おまとめローンを組むことができるでしょうか?

もちろん、実際におまとめローンを利用できるかどうかは、審査の段階になってみないと分からないものです。
しかし、借金癖のある人には、おまとめローンの審査は難しいと言えるでしょう。
借金の頻度や量などは、すべて記録されていますので、自転車操業のような返済をしているのでは、おまとめローンを組むのは難しいといえるでしょう。

ですから、本当におまとめローンを利用したいということであれば、まずは借金に対する姿勢を調整しましょう。
これができてから、初めておまとめローンを利用することができます。

ブラックの情報はどこから出る?クレジットカードの審査で行われていること

クレジットカードは、必ず申し込み書類を記入をしなくてはいけません。
クレジットのカードの審査では、返済能力であったり延滞をする事がない人なのかや資産はどうなのかで判断をしています。
お金を多く持っていたとしても、延滞履歴があったり安定をしている収入がなければ審査には通りにくくなってしまうのです。
クレジットカードの審査で、すごく重要になってくるのはブラックリストへのっているのかどうかとなります。
ブラックリストへのっていると言う事は、過去に延滞を繰り返した事があったり自己破産をした事がありますと信用情報に事故情報として記録をされてしまっています。
信用情報に記録が残ったままでクレジットカードへ申し込みをしたとしても、審査に通らなくて落とされてしまう事が多いです。
信用情報では、延滞などの情報ならば五年間は記録をされてしまっています。
過去に五年間に支払いを延滞を繰り返していたりすると、必ずクレジットカード会社は審査の時に信用情報センターへ照会を行いますので五年間の履歴がなくなってから申し込むようにするのがいいでしょう。
しかし、気をつけなければいけないのは申し込みをすれば情報は六ヶ月は記録をされている事とローンの返済の後に一年間は記録が残っていますので申し込む際はこの事を考えて行う事がいいでしょう。
参考:クレジットカード審査通過の救世主

「債務整理」を前向きに考える

多額の借入を抱えて、月々の返済に追われる人も少なくありません。
また、そこまで至った経緯は人それぞれですが、なんとか返済したいとの強い想いから、新たな借入を重ねる「多重債務」に陥り、悲惨な結末をたどるケースも出てきます。
そのような状態を改善して、前向きな人生を歩むためにも、借入を見直すことが注目されています。
いわゆる「債務整理」ですが、このようなことばを見聞きすると、後ろめたい気持ちが芽生えてくる人もいるかもしれません。
しかし、過去を振り返っても「後悔」しかありません。
ここは、未来に向かって「前進」あるのみです。
これまでの借入を整理する方法として、「任意整理」「民事再生」「自己破産」があり、どの方法がいいのかは個々のケースにもよります。
ただし、自分では判断が難しいこともあるため、債務に関して多くの実績をもつ、信頼できる「法律事務所」への相談をお勧めします。
また、テレビCMでもよく見掛けますが、借入を整理していくうちに「過払い請求」の対象になる借入があるかもしれません。
こちらは、自分から請求する性質に特徴があり、手続きをスムーズにするためにも、専門家のサポートが必要になります。